相模湾沿線の住宅事情|ずっと住んでいたくなる家がエアパス工法に存在する
一軒家

ずっと住んでいたくなる家がエアパス工法に存在する

相模湾沿線の住宅事情

男の人

土地による違い

神奈川県の湘南エリアは、はっきりとした定義で区切られているわけではありませんが、おおまかには相模湾沿線都市のことを湘南エリアと呼ぶことが多くなっています。逗子や葉山や鎌倉、藤沢や茅ヶ崎などが含まれるケースが一般的ですが、場合によっては大磯や平塚、伊勢崎なども含まれていることもあります。それゆえに湘南といってもいろいろあり、さらにその土地によって特徴もさまざまなため、湘南と一括りに考えてしまうと比較が難しく、なかなか大変なことになりかねないので注意しましょう。また駅付近や海側、山側など、同じ市のエリアでも場所によって土地価格や住宅事情も異なるので、移住して新たに注文住宅を建てるのならば、そういったところにも注意しましょう。

エリア別に確認して

湘南に注文住宅を建てたいならば、まずはどの市にするのかを選ぶ必要があります。交通事情や土地の雰囲気、住みやすさや環境などは市によってかなり異なり、不動産価格などもばらつきがあります。まず新しい注文住宅を建てるならば、人気のあるエリアはやはり価格が高額で、藤沢の駅付近や茅ヶ崎の海側、鎌倉などは価格が高めとなっています。また鎌倉は昔ながらの風景を大切に継承しているエリアなため、新築の注文住宅を建てるにはそれなりの制限もあります。一方、茅ケ崎の北側や藤沢の郊外あたりは移住者も多くて住宅地が広がり、生活しやすい環境となっています。また葉山や逗子市などは別荘地としても有名なので、そういった影響で土地価格も高めの設定になっている傾向にあります。場所によって価格に差はあるので、予算に応じて探してみましょう。