部屋

ずっと住んでいたくなる家がエアパス工法に存在する

相模湾沿線の住宅事情

男の人

神奈川県の相模湾沿線付近である湘南エリアは、開発や発展が著しい藤沢や風光明媚な逗子や葉山、関東の古都の鎌倉やカジュアルな茅ヶ崎といったバラエティに富んだエリアです。都心にも近いことから注目されており、注文住宅や新築物件も増えています。

詳細を読む

マイホームを買う方法

家

阪和線沿線で新築一戸建てを買うときには、ショッピングや各種サービスの利便性を考えて、将来性のある地域で物件を選ぶべきです。建築費用を節約することも重要ですが、将来的な維持管理費と水道光熱費が節約できるプランを選ぶことも大切です。

詳細を読む

理想を実現できる家です

室内

注文住宅は引き渡しまでに長期間がかかるので、その覚悟をしておくことが重要です。愛知県は地震が起きる可能性もあるために、耐震性能の高い技術のある業者に相談したほうが良いです。自由な間取りや、新しい設備を導入できます。

詳細を読む

快適な暮らしを実現

つみき

工法によって変わる暮らし

住宅の新築をお考えの方は、予算や間取り、建築する地域など、様々なことを検討されることと思います。そして、重要度としてかなり上位にくるものが、その住宅の工法です。住宅の工法というと、多くの方は耐震性に関することをイメージされるかもしれませんが、四季を通じて快適に過ごせることも大切です。エアパス工法の家は、夏は涼しく冬は暖かい家です。このようなうたい文句の工法は多いのですが、実際にそのような生活を実現できる工法はそれほど多くないのです。エアパス工法は、床下換気口と小屋換気口という2つのポイントとなる換気口が存在します。夏は、この2つの換気口を開いて涼しい生活を実現し、冬は閉じて暖かい生活を実現します。

自然の力を利用します

夏は、床下の涼しい空気を家の中に循環させるために、床下の換気口を開けます。これにより、涼しい空気が外壁の内側にある空気層を上昇気流に乗って上に昇り、家全体の湿気と熱気を外に放出してくれます。これにより、家全体を涼しくし、湿度も下げることができます。冬は、換気口を閉じることで、屋根や外壁の内側にある空気層の空気を暖めることができます。これにより、暖められた空気が家全体を包み込む形になるので、家の暖かさが逃げずに快適に過ごすことができます。エアパス工法は、冷暖房費を抑えられるだけでなく、冷暖房をなるべく使わなくても快適に生活することを考えています。住宅の工法を検討される際には、エアパス工法を積極的に検討されることをおすすめします。